専務の書評 その五十九 8月3日 「敷地・地盤のキホン」

こちらは久々の更新です。今回は「敷地・地盤のキホン」という本です。

あれからいろいろと本は読んでいましたが、なかなか忙しくて、こちらのほうの更新はできていませんでした。

当社のホームページをご覧頂いている方からすると、こちらの記事よりも建築中のブログはよくご覧頂いている

感じがします。もうすこし努力しないといけないですね。

こちらは、建物というよりも敷地関連の本です。専門にしている人向けの本ですが、いろいろな事例が出ています。

擁壁や傾斜地などは、取り扱いがむずかしいです。こちらの小平あたりでは、崖地などは少ないですが、神奈川の方や都心の方では

こういう事例が多いようです。

当社も傾斜地や擁壁の土地について検討する場合には、注意をしています。地盤改良をしないといけなかったり、擁壁のやりかえをしないといけなかったり、

結構費用がかかってしまうので、用心をしています。

また道路についても注意しています。建物は建築基準法に則って建てますが、その際に接道を求められます。ですので、土地が道路に接しているかどうかというのは、

しっかりと確認します。建築指導課に行って前面の道路がどういうものかどうか、また公図を見ながらどの土地が道路になっていて、対象地との接地がどうなっているかを

確認しながらやっています。

土地の調査も奥深いところがあって、普段お客様の目の届かないところで、こういう風に調べながら、進めています。

応援クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
●にほんブログ村