仕様・設備・建築 12月3日 ヤマハのキッチン

当社では、最近ではヤマハのキッチンを採用することも多くなってきています。

洗面台のところでもご説明しましたが、ヤマハの特徴は、人造大理石です。

モーターボートに人造大理石を使うらしく、その技術を、住宅設備の方に移転しているそうです。

人造大理石は、他のメーカーのもよいですが、ヤマハさんのもよいです。

当社で採用しているのは、Bbシリーズです。

主な仕様は、マーブルシンク・人造大理石天板・3口コンロ・片面グリル・手元照明・シングルレバー水栓・シロッコファン・吊戸です。

主な特徴としては、キッチンの天板だけではなく、シンクにも人造大理石を使用しておりますので、とても明るいキッチンです。また、収納もたっぷりありますので、鍋なども入ります。

ポイントは、モーターボート製造などで培われた人造大理石の技術が活かされています。人造大理石自体の厚みもあり、質感がとてもよいです。人造大理石では、トップメーカーです。お客様もこのシンクを見ると気に入られる方が多いです。

当社で、採用したときの写真です。

四角いタイプのシンクで、天板とシンクも白で統一してあります。シンクの下も大きめの収納ですので、鍋等が入りそうです。扉の色は、スノーホワイトです。全体が白で統一されているので、清潔感が出てきます。家事もキビキビできそうです。

こちらも四角いタイプのシンクで、天板とシンクの色も同じ白です。扉の色はライトチークです。床の色と同系色なので、統一感がでて、すっきりした印象になります。ゆったりと家事ができそうです。

こんどは丸いタイプのシンクで、シンクの色はイエロー、天板は白です。色のコントラストがきれいですね。扉は、スノーホワイトです。当社が発注する前でしたら、色などもお選びいただけます。この場合は、シンクの色やIHなどはお客様にお決めいただきました。シャープな印象で、家事がはかどりそうですね。

当社発注前に、建売をお決めいただきましたので、フードがサイクロンタイプのものに変更になっています。その他オプションでお選びいただいている場合もあります。色は、ホワイトシカモアです。やさしい色合いで、家事をされるにも、温かみを感じられるのではないでしょうか。

扉の色が、ミディアムチークで床よりも濃い色ですので、キッチンに存在感が出てきます。奥様にとっては、キッチンは一番大事な場所ですから、このくらいの存在感があってもよいですね。

こちらは、逆に、床よりも淡いいろで、ソフトオレンジです。やさしい感じがありますので、ほのぼのと家事ができそうです。またカウンターですので、お子様がいらしても目が届きそうですし、テレビも見ながら家事ができそうです。

こちらは、白いフローリングにあわせたキッチンです。人造大理石の白さと、フローリングの白さから統一感が出て、すっきりとシャープなイメージに仕上がっています。また、扉の色が、アクセントになっていて、色がしまります。

応援クリックお願いします。更新の励みになります。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村