営業日記 1月13日 新しい物件のご紹介

皆様、あけましておめでとうございます。

建設レポートは本年も始まっておりますが、ご挨拶が遅くなりました。

早いもので、仕事始めからもう1週間が経とうとしておりますが、
お陰さまで、今年も当社は年始から、営業や建築など、忙しく動いております。

さて、本日は、これからホームページにも掲載される新しい物件のご紹介を
ブログにて先行でご紹介します。
(不動産ポータルサイトには既に掲載しているので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね)

「小平市仲町」

外観です。2色使いのスッキリとした外観に仕上がりました。

LDKです。大型のL字型キッチンには、食器洗浄機と浄水器がついています。
陽がよく、入っています。

南側のお庭はこんなに広く取れており、色々と愉しめそうです。

音響システム付きユニットバスで、音楽を聴きながら入浴できます。

人気のロフトがこちらの物件にも付いております。

主寝室にぴったりのゆったり7.5帖の洋間です。

既に完成しており、他の完成写真も含めて物件情報を公開予定ですのでお楽しみに!!

営業日記 11月22日 認定低炭素住宅とは

来年から実施されるそうです。

何回か書いていますが、最近は、国の性格は本当に省エネ一辺倒というところです。制度がどんどん変わっていくので、めまぐるしいところです。

今回は 認定低炭素住宅という住宅の制度ができるということで、セミナーに行ってきました。当社でも、最近の住宅政策はよく見るようにしています。

今の省エネの基準も、次世代省エネ基準や、住宅性能評価の省エネ等級や、トップランナー基準などいろいろあります。今回の認定炭素住宅というのは、トップランナー基準のすこし上を行くようなイメージです。

住宅政策の考え方は、いままでは断熱をいかに保つかということでしたが、今後は、省エネの設備もどんどん導入しろということになって来そうです。設備というと、給湯器や、節水型のトイレや蛇口や、照明やエアコンなどでしょうか。

建てる側のメリットとしては、もちろん省エネの住宅のよさというところもありますが、住宅ローン減税などの税金面の優遇や、フラット35の金利の優遇も予定しているそうです。

ただ、対応する側としては、いろいろと計算をしなければいけないことや、仕様を見直さなくてはいけないなど、大変なのですが、世の中の動きについていくことも大事なので、がんばっています。

http://www.mlit.go.jp/report/press/toshi07_hh_000062.html

応援クリックお願いします。

 

営業日記 9月9日 花小金井のお祭り

毎年この時期になると、お神輿が町を練り歩きます。

太鼓の音でついつい、見に行ってみました。

鈴木街道と小金井街道の交差点を横断しています。

威勢よく声をあげながら、みなさん楽しそうに担いでいました。

大きなお神輿が最後にきました。

小さなお子様も参加して、良い思い出になりますね。

営業日記 8月23日 パナソニック太陽光発電研修

昨日と今日は、パナソニックの太陽光発電設備の取り付け工事の研修を受けてきました。

屋根にはいろいろな種類があり、それにどういう方法で取り付けるか、また取り付ける際に注意することを教えてもらいました。

太陽光発電は、屋根に取り付けるので、どうしても雨漏りや風の吹き上げが心配になります。そのときの勘所を、実物を使いながら、みっちりと2日間朝から晩まで教えてもらいました。

太陽光発電は、お客様でご興味を持つ方も多く、これからも注目されているので、当社でもできるように研修を受けてきました。

最近は、訪問販売などのトラブルも多いそうで、当社は地元密着なので、地道に取り組んでいきたいと思います。

研修所は、亀戸にあるので、スカイツリーがよく見えました。

 

営業日記 6月5日 モデルハウス完成内覧会(予告)

当社のモデルハウスがもうすぐ完成します!!

太陽光発電システムを搭載し、設備や外構などにもこだわった
最新のお家に仕上がります。

ただ、高級感はあるけれど、多くの方にお試しいただけるような、
親しみやすさも残したモデルハウスです。

ドラマに出てくるような現実離れしたお家ではなく、
イメージが付きやすく、実際のお家に採用していただきやすい内容となっております。

花小金井周辺では、広告も予定しておりますので、近隣の方はお楽しみに!!

また遠方の方も、一つのメーカーショールームでは見られない
様々なメーカーの特徴的な商品を使用しているので
お気軽にご内覧いただき、お家造りの参考にしていただければ幸いです。

営業日記 5月27日 地域型住宅ブランド化事業

最近は、よくセミナーに出る機会もあって、今回は、「地域型住宅ブランド化事業」についてでした。

国が主導する事業で、簡単に書くと、中小の工務店も長期優良住宅を建てなさいというようなものです。あとは、国産材の使用を勧めています。

一つ一つの工務店だと、そこまで対応できないので、ある程度の地域的なグループを作って、特色を出して、そこに参加して頑張ってくださいというものです。長期優良住宅を建てると補助金がでます。ただ長期優良住宅を建てるということは、仕様をだいぶグレードアップしないといけないので、建てる側からしてもそれなりに費用がかかってきます。

最近は、住宅産業は補助金という言葉をよく聞くようになりました。今回は長期優良住宅ですが、太陽光発電もありましたし、これからはHEMS(電気の見える化)や、ゼロエネルギー住宅など省エネ対策について、真剣に取り組もうとしているのが、よくわかります。CO2削減は、本当に急務ということなのでしょう。

こういうセミナーなどで、いろいろと勉強をして、魅力のある家作りをしていこうとおもいます。

↑クリック、応援お願いします↑

 

営業日記 5月22日 パナソニック展示会

先日、工務店や建築事務所向けのパナソニックの新製品の展示会が
東京ビックサイトで行われ、当社も参加してきました。

「あかりと住宅設備の新商品内覧会」と題された今回の展示会は、
パナソニックの住宅設備の様々な新商品が紹介されました。

メインになっていたのは、今後ますます注目され、発展していくエコ関係の商品です。

LEDなどは、やっと広く普及されるようになり、間接照明の見せ方なども展示されていました。

また、太陽光発電システムや電気自動車の家庭用充電器など、
国を挙げて取り組みが始まりつつある、
ゼロエネルギー住宅を推進する設備の紹介にも、力が入れられていました。

パナソニックでは、太陽光発電システムの蓄電池の発売が始まりました。
まだまだ、現実的な価格や設備内容ではない様にも感じましたが、
蓄電池は、こういった流れのなか、今後必要不可欠となるのではないでしょうか。

当社でもそういった、住宅設備の新情報など、日々勉強し、
実際に採用をしています。

自分の使用する電気は自分で生み出す、そういった自給自足の環境は、
想像しても素敵な世界ですよね。

お客様にもそういった新しい情報を今後もご提供できればと考えています。

 

↑クリック、応援お願いします↑

営業日記 5月17日 家具の据付

最近は、当社のOBのお客様からのリフォームの注文も増えてきました。昨年は外壁の塗り替えをだいぶやりましたし、外構の工事もありました。

当社でリフォームをする際には、他社と競合することも多いのですが、価格をみてもあまり負けることはありません。工事も細かい工事から請け負っています。

先日は、OBのお客様より、今後起きるかもしれない地震に備えて家具を据え付けて欲しいというものでした。確かにこれは大事なことで、国などでシミュレーションしている地震による被害というのは、建物の倒壊だけでなく、火事もありますし、また家具の転倒による被害というのも相当見込まれるということでした。

以前みた実験ビデオでは、オフィスビルを想定したものですが、重いコピー機がフロア内を縦横無尽に、まるで踊っているというものでした。たぶん人がたくさんいたら、コピー機に轢かれてしまいそうでした。

http://www.bosai.go.jp/hyogo/research/movie/movie.html

家具を据え付けるには、ただ壁にビスでとめるだけでは、効果が発揮しない場合があります。壁は通常は、石膏ボードなので、ビスでとめて力がかかると、ボロボロとくずれて抜けてしまう場合があります。ですので、石膏ボードの後ろにある柱や下地にしっかりと据え付けるように、下地を探しながら打ち付けていくことになります。

応援のクリックをお願いします。

 

 

 

 

営業日記 5月11日 パナソニックの太陽光

先日、パナソニックのメーカーの説明会に行ってきました。

パナソニックでは、いまは、太陽光発電にとても力を入れています。特に当社のような住宅会社向けでは、太陽光のお話ばかりです。

数年以内に世界のシェア上位を狙っているそうです。以前の三洋電機もパナソニックに吸収されてしまいましたが、それも太陽光発電や電池の技術が欲しかったからだとも言われています。

当社でも数棟太陽光発電を取り付けさせていただいた現場があります。太陽光を選ぶ際に、いろいろなメーカーを検討しましたが、やはりパナソニックが一番よさそうなので、お勧めすることにしています。

最近は、海外のものも国内で販売されていますが、それぞれあまり業績がよくないようです。先日ドイツのQセルズという一時は世界一になった会社が破綻しました。中国のメーカーもあまりよくないという話もあります。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M1XFVQ6JTSEA01.html

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-M3BFN96KLVR501.html

そう考えると、やはり国内のメーカーがよいのではないかと思いました。とくに長い年月使用するものですから、どのメーカーのものを使うかというのは、大事だと思いました。

一方で、国内のメーカーもたくさんありますが、今ある中では、パナソニックのものが一番性能が高いといわれています。発電効率が高く、また、曇り空や気温が高いときでも発電します。

また、最近は、テレビ事業を見ても撤退するということがみられますが、シェア上位も目指していますし、蓄電池にも力を入れているので、会社としても大事な事業だと考えているのではないかと思っています。

価格がやや高いのが難点ですが、それを上回る利点がありそうなのでお客様にお勧めしています。

 

応援のクリックをお願いします。